2021年3月、クラウドファンディング「数学マップ」、114人の方々から334,500円をご支援頂き、人生マッププロジェクトスタート!

クラウドファンディングのリリースが遅れております。

本日2/11にリリースする予定だったクラウドファンディングですが、Makuakeの担当者とうまくコンタクトが取れておらず、リリースが遅れてしまっております。

Makuakeに掲載させて頂く予定のWebページ等も完成しており、後はリリースの対応を取って頂くだけとなっております。大変申し訳ございませんが、今しばらくお待ち頂けますと幸いです。


目次
  • 悪魔は歳を取っている
  • まとめ

悪魔は歳を取っている

「気を付けろ、悪魔は歳取っている、だから悪魔を理解するにはお前も年取っていなくてはならぬ」ということばが当てはまる。このことばは、どちらが早く生まれたかを問題にしているのではない。そうではなくて、もし悪魔を片づけてやろうと思うならば、こんにち好んでなされるようにこれを避けてばかりいてはならない、むしろ悪魔の能力と限界を知るために前もってまず悪魔のやり方をそこまで見抜いておかなくてはならない、というのがこの言葉の意味なのである。

もし新しいことをみんなに理解してもらいたいのだとしたら、まずみんなの考え方を理解することが大切だ。

自分の考え方が人とは違っていて、進んでいるように感じたとしても、本当にそうなのかどうかは分からない。
もしかしたら、自分に知識がなく、ただただ遅れた考え方をしているだけなのかもしれない。誰も選ばないような堕落の道を歩んでいるのかもしれない。
それを確かめるためにもしっかりと周りの意見を聞くことが大切だ。周りの意見を聞き、理解した上で、もう一度自分の考えに立ち戻る。自分の考えを正しく客観的に評価するためには、多くの考え方に触れることが重要だ。

それでもなお自分の考え方に価値を感じ、形にしたいと強く思えたならば、勇気を出して言葉にする。
相手にされないかもしれない、バカにされるかもしれない、失敗するかもしれない。
たとえそうだったとしても、自分の信じた道を進むという覚悟を決めたのであれば前に進む以外の選択肢はない。

その選択をした時、周りのたくさんの意見を理解してきたのであれば、同じように自分の考え方を理解してもらうことが出来るはずだ。みんながどう感じ、何が理解できなくて、どこに不安を感じるのか。それが分かれば、きっと悪魔を越えていける。

まとめ

クラウドファンディングは830にとって初めてのチャレンジかもしれません。不安もあるし、恥じらいもあるし、恐怖もある。それでもそれを上回るくらいの面白さがある。
クラウドファンディングの準備をする中でたくさんの経験が出来ました。たくさん成長することが出来ました。
そんなクラウドファンディングが最高の形で終わればいいなと願っております。
ご支援・ご協力宜しくお願い致します。


あとがき

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。
本記事はあくまで830の主観を織り交ぜた上で、書籍の紹介をさせて頂いております。書籍との食い違いが生じてしまっている場合もございます。ご理解頂けますと幸いです。
正確な情報については、是非原本をご購入の上、お読み頂けますよう宜しくお願い致します。

また、2月よりクラウドファンディングを企画しております。
興味を持って頂けましたら、是非ご支援・ご協力・拡散のほど、よろしくお願い致します。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です