2021年3月、クラウドファンディング「数学マップ」、114人の方々から334,500円をご支援頂き、人生マッププロジェクトスタート!

自立することで初めて、真っ当に人生を歩むことができる

嘘をついてしまって後悔した経験は誰しもあるでしょう。
しかし、それは本当にあなたが悪いのでしょうか。自分を責める必要があるのでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

革命のファンファーレ 現代のお金と広告 [ 西野亮廣 ]
価格:1527円(税込、送料無料) (2020/10/14時点)


目次
  • 意見できる環境を作る
  • まとめ

意見できる環境を作る

「嘘をつかない」ということは、「自分の意思を明確に表明する」ということだ。
(中略)
自分の意思を明確に表明する為には、意思を明確にできる環境を作っておく必要がある。
感情は環境に支配される。
(中略)
意思決定は、頭や心ではなく、環境がおこなっている。

嘘や不正というのは、その人の意に反して、環境によってもたらされる。芸能人が食レポをすれば、どれだけ不味くても「美味しい」という他ない。どれだけ反対意見を持っていたとしても、上司の鶴の一声に賛同するほかに選択肢はない。悪いことだと分かっていても、ブラックな企業文化の中で不正をせざるを得ない。
嘘をついて、不正をして、後悔することがあるだろう。しかし、それで自分を責めても仕方がない。多くの嘘や不正は一人の意思からではなく、環境によってもたらされるのだから。
もし後悔したのであれば、どうやって環境を変えられるのかを考えるべきである。

部署を変える、会社を変える、縁を切る。こういった環境を変える選択肢を持つことで嘘や不正から手を引くことができる。
そのために大切なのは、何より自立することだ。会社の給料に依存してしまっていては、上司に反論することはもちろん、意見を言うことすらなんてできない。

最近はフリーランスの時代だと叫ばれる。しかし、その真意は「個人の力が重要だ」というところにある。会社に所属するかどうかなんて重要ではなくて、会社に依存するか否かが重要である。会社に所属しようが、自立しているのであれば何も問題はない。会社という大きな力を使い倒し、文句を言われるようなら辞めてしまえばいい。辞めるという選択肢を持った上で会社に所属するのであれば、フリーランスと変わらない。むしろ、大きな後ろ楯を持った最強のフリーランスと言えるだろう。

話を戻すが、
嘘をついたり、不正に手を汚してしまう根本の原因は依存にある。様々な面でしっかりと自立し、嘘や不正に頼らず生きていける環境を整えることが何よりも大切だ。

だからこそ、自分を磨き続け、成長していかないといけない。

まとめ

真っ当に人生を生きていくためには自立することが不可欠だ。嘘をついたり、不正をしてしまわないような環境を整えることが何よりも大切なのだ。
そのために、個人の力を磨き、依存を脱する。個人で稼ぐ力を身につける
日々努力だ。自由を手に入れるために、真っ当に人生を生きていくために。自立して初めて自己嫌悪から抜け出して、精神的安定を手に入れることができる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

革命のファンファーレ 現代のお金と広告 [ 西野亮廣 ]
価格:1527円(税込、送料無料) (2020/10/14時点)


あとがき

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。
本記事はあくまで830の主観を織り交ぜた上で、書籍の紹介をさせて頂いております。書籍との食い違いが生じてしまっている場合もございます。ご理解頂けますと幸いです。
正確な情報については、是非原本をご購入の上、お読み頂けますよう宜しくお願い致します。
今後も宜しくお願い致します。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です