2021年3月、クラウドファンディング「数学マップ」、114人の方々から334,500円をご支援頂き、人生マッププロジェクトスタート!

「GACKTの勝ち方」のすすめ

最近はビジネス系Youtubeが流行っていて、
本の要約などもたくさん見る事ができます。

忙しい方などは、
是非ご覧になってみてください。

サラタメさんの動画など、
非常に聞きやすく勉強になるのでおススメです。

それとは別に、
自分で本を読むというのも、
非常に大切なので、
時間がある方には本を読むことをおススメします。

Youtubeでいい本を選んで、
実際に本を読んでみるのがいいと思います。

しっかり自分で読むことで、
本の趣旨を自分に落とし込んでいくことができます。

時間をかけて読むことで、
それだけ本と長く向き合う事ができます。

その中で、
Youtubeの要約だけでは出会えなかったような、
発見をすることができるのではないでしょうか。

今回はそうした中で読ませて頂いた、
GACKTの勝ち方」を紹介させて頂きます。

 

概要

GACKTってたまにテレビに出てるけど、
何してる人なの」
って感じる人が多いのではないでしょうか。

830もそんな感じから本を読みましたが、
なんとなく何をしている人なのかが分かってきました。

ミュージシャンであり、実業家、
投資家であり、GACKTであるそうです。

本人曰く、
GACKTっていう職業みたいです笑。

本読まないとイメージしづらいと思いますが、
非常に面白い考え方なので、
このブログで煮え切らない方はぜひご一読ください。

第一章では、
GACKTの人生を振り返りながら、
どのような人なのか、
どのような考え方をしているのかを紹介しています。

まさにこのブログの自己紹介と同じような立ち位置ですね。

GACKTの様々な言葉と共に紹介されていきますが、
一つ一つがパワフルで、
考えさせられるものばかりなので、
とても引き込まれました。

GACKTの人生を振り返ってみて、
GACKTの人生における覚悟・試行錯誤を知ることができ、
努力の末に今のGACKTがいるんだなと、
思い知らされました

ちなみに、
GACKTは一年生活するのに2億はかかるので、
それをまかなえるように年間それ以上稼ぐようにしているらしいです。

スケールが桁違いですね笑。

第二章では、
GACKTのビジネスにおける考え方が紹介されています。

ここでもたくさんの名言を残してくれています。

知・覚・動・考
やればできる
チャーミング
ポジショニング

GACKTが大切にしているたくさんの言葉に触れ、
考えを巡らせることができました。

多くビジネス書で語れるものもありますが、
やはりそういった共通点は非常に大切になる考え方なのだと思います。

たくさんの本を読んで、
共通する大切な部分は、
たくさん読み込んでいくことで、
830の中に落とし込んでいきたいと思います。

第三章では、
GACKTから830達に向けたアドバイスになっています。

これからどう生きるのか、
どうなりたいのか、
そのためにはどうすればいいのか
GACKTの経験から、
たくさんのインパクトのある言葉で、
後押ししてくれます。

これぞ自己啓発といった感じでした。

本当にパワフルでインパクトのある一冊でした。

何かを始めたいけど踏ん切りがつかないと、
迷っている方などに是非読んで頂きたい一冊です。

誰もが苦労し試行錯誤した末に成功をしているんだという事、
何でもやればできるんだという事、
どうして今やらないのかという事、
たくさんのことを教えてくれる、
非常に読みがいのある一冊です。

考察

自己ブランディング

この本は、
自己ブランディングの教科書だなと感じました。

GACKTは常に、
GACKTという理想の背中を追いながら、
日々精進しているそうです。

ステージでファンに見せるのは自分ではなく、
GACKTという存在。

自分とGACKTを分離し、
GACKTは自分が作り上げる商品のよう捉えているのだなと感じました。

だからこそ、
お客様に喜んでもらうために、
自社の商品を改善するために、
日々トレーニングをするのは当然だと述べています。

GACKTは自分をベストな状態にするために、
お米は10年食べておらず、
大好きなラーメンも年に一回と決めているそうです。

毎日の食事も一回で、
その食事もハードワークをこなした後だけと、
かなりストイックな生活を送っているそうです。

これもすべては、
お客様にGACKTという最高の商品を提供するため。

お客様を最優先に考えるというのは、
ビジネスパーソン全員にとって大切な考え方なのではないでしょうか。

GACKTの生き方から、
自分自身を商品として提供するのが、
自己ブランディングなんだと学ぶことができました。

生き様が商品であり、
人生をかけて商品を向上していく、
面白いビジネスであり、
覚悟のいるビジネスだなと思いました。

知・覚・動・考(とも・かく・うご・こう)

「ともかく行動せよ」という、
多くのビジネス書で叫ばれる内容です。

先日紹介した、
仕事は楽しいかね?
でも同じことが書かれていました。

ビジネスチャンスを知って、
勉強して知識を覚え、
即行動して、
どうすれば成功するのかを考える。

というのがビジネスの正しい順番だそうです。

行動する事によって、
考えざるを得ない状況を作る、
失敗できない状況を作る、
事が大切です。

そして行動から得られたデータを基に考える事で、
考える意味が生まれると言います。

多くの人は、
ビジネスチャンスを知って、
勉強して知識を覚え、
何もデータがない状態で、成功するかを考えて、
やっぱり無理だと行動しない。

何もデータがない状態で考えても、
仮想の空論に何の意味もないのに

失敗するかもと考える暇を与えないように、
すぐに行動に移すことが重要です。

失敗しそうになったら、
それまでの経験をもとにPDCAを回していけばいいだけです。

「まず行動」
しっかり830の胸に刻んでおきます。

 

成幸

この言葉は初めて目にしました。

なるほどなと思わされる言葉です。

「成功」
って何ですか。

人それぞれ違うでしょう。

しかし、
万人共通の目標、
それが、「成幸」です

お金が欲しい、
家族が欲しい、
名誉が欲しい、
自由が欲しい、
「成功」の形は人それぞれですが、
もう一つ上の次元の目標として、
「成幸」というものを意識できると、
考え方や日々の選択が変わっていくように感じます。

長期的なビジョンは非常に大切ですが、
人生における最終ゴールとして、
改めて「成幸」というものと見つめ合ってみてはいかがでしょうか。

ちなみにGACKTは、
お金
時間
仲間
を「成幸」のパラメータとしているそうです。

まとめ

全体を通して非常にパワフルな一冊でした。

正直、この本を読んでGACKTを尊敬しました。

ファンのために自分をそこまで追い込めるのか、
自分の人生を商品にするという覚悟、
圧倒されました。

と共に、
数多くの言葉から、
たくさんの力や後押しをもらう事ができました。

「やればできる」
ありきたりな言葉ですけど、
やっぱり本質的な言葉だなと思います。

「吾輩の辞書に不可能という文字はない」
というナポレオンの言葉も、
高校時代では、
「何言ってんねんこのおっさん」
としか思えなかったですが、
今では、
「本当にその通りだな。
言い訳を考える前にチャレンジしてみよう。」
と考えられるようになりました。

自分の成長を感じる今日この頃、
是非ポジティブに物事をとらえられる人が増えて、
ポジティブなエネルギーが蔓延していけばいいなと思います

 

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

P.S.

ブログをはじめて2か月ほどのなりますが、
この本を読んで、
ブログも自己ブランディングの一つなのかなと、
新しい視点を持つことができました。

自己ブランディングの幅を広げていくために、
Twitterも始めました。

宜しければフォロー・リツイート宜しくお願いします。

Twitterアカウント:@TokyoUniv_830

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です