2021年3月、クラウドファンディング「数学マップ」、114人の方々から334,500円をご支援頂き、人生マッププロジェクトスタート!

今こそ若者が立ち上がる時だ。社会を変えるのはいつだって若者なのだから。

ここまで「グローバル・グリーン・ニューディール」という一冊を基に、どれだけ地球温暖化が深刻な状態であるのかを説明してきました。「カーボンバブル」「人類の絶滅」といった言葉も紹介させて頂いてきました。
そんなの時代に私たちはどうしていくべきなのか。
立ち上がりましょう。世界はサステナブルな社会へと進んでいっています。地球を守るために立ち上がる若者がたくさん現れているのです。


目次
  • エントロピーのツケ
  • 歴史に名を残したいという若者
  • まとめ

エントロピーのツケ

2世紀以上にわたって石炭紀(中略)の化石燃料埋蔵物に頼って生きてきた私たちは、この先もあらゆることが可能で、代償を払う必要もほとんどない未来が無限に続いていくという誤った感覚にとらわれていた。(中略)この惑星で起きることには必ずエントロピーのツケが伴うことを理解していなかった。(中略)私たちに突きつけられた新たな現実にどう適応するかで、私たちの種としての命運は決まる。(中略)手遅れになる前に(中略)希望を抱こうではないか。それが私が信じるグリーン・ニューディールにほかならない。

自然界でエントロピーは拡大する方向へと進んでいきます。人間が自由自在に操作できるものではありません。地下に埋蔵された化石燃料をわが物顔でむさぼり続けたツケを払う時がやってきた。それが地球温暖化です。

その代償を払うために、化石の燃料のない昔の生活に戻らなければいけないのか。
830はそうは思いません。
技術によって生じた問題は技術によってのみ解決される。
人類は更なる技術革新をもってこの課題を打ち破っていくのです。そして、新たな時代へと、サステナブルな時代へと進んでいくのです。

世界的ではたくさんの開発が進められています。多くの人々がイノベーションを追い求めて、研究開発を続けています。
830もその一人だ。
若者の多くは、環境問題を私事として、本気で向き合っている。今のままでは、自分たちが生きている間に、笑い事では済まなくなってしまう。
今こそ若者が立ち上がる時だ。社会を変えるのはいつだって若者なのだから。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です