2021年3月、クラウドファンディング「数学マップ」、114人の方々から334,500円をご支援頂き、人生マッププロジェクトスタート!

ストレスマネジメント

忙しい毎日を生きていると、ストレスや不安に苦しめられることも少なくないかもしれません。
そういった場面をうまく乗り切れるかどうかで、生活の質は変わってきます。
いつまでもストレスに悩まされていては、健康的な生活を送ることはできません。
ストレスをマネジメント方法を学んでみるのもいいかもしれません。


目次
  • ストレスへの対処法
  • まとめ

ストレスの対処法

ストレスと不安の高まりに対処するために重要な4つのアプローチを明らかにした。
1つ目は「栄養」だ。従業員が健康的な食事目標を立てるのに役立つ情報を提供する。2つ目は「回復」。よく眠り、休みを取り、息抜きをするためのリソースで心身の充実を図る。3つ目は「運動」。健康な身体を維持するための運動や活動に焦点を当てる。4つ目は「たくましさ」。メンタルヘルスを改善し、ストレスを管理し、人生の打撃に耐えるレジリエンス(回復力、再起力)を養うツールを提供する

どれだけ高い志をもって行動していても、不安に苛まれることがある。忙しくてストレスが溜まってしまうこともある。そういう状況を乗り越えるためにも4つのアプローチが重要になる。

1つ目は栄養管理。身体の健康が一番大切です。健康的な身体を維持することで、健康的な精神を磨くことができるのです。830もPFCバランスなどに気を配りながら食事をするようにしています。食費をけちることなく、栄養のバランスの取れた食事を心がけましょう。

2つ目は回復。勉強をしていれば、仕事をしていれば、当然ながら疲れがたまります。精神的に不安定になってしまうのはそういう時です。疲れて家に帰ってきた時に人は一番ネガティブになってしまいます。だからこそ、しっかりと休養を取ることが大切です。
睡眠はもちろんのことながら、作業中も適度に休憩を取ることが非常に大切です。人間の集中は1時間も続かないと言われています。無理に作業を詰め込むのではなくて、適度に休養時間を取っていくのがいいでしょう。

3つ目は運動。「体が疲れたら休息、頭が疲れたら運動」という言葉もあるように、健康でいるためには運動が不可欠です。普段生活していると、心拍数が上がるということはほとんどないでしょう。しかし、心拍数を上げて血流を良くすることで、集中力も高まると言われています。ぜひ日々の生活から適度な運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。
830は週4日、朝にANYTIMEで筋トレをするようにしています。

最後に4つ目はたくましさ。最近の流行りの言葉で言えば、レジリエンスですね。ストレスや不安を感じることは当然ありますが、それにうまく対処できるように、ストレスマネジメントなどの知識をつけておくことが大切です。上の3つもその中の一つではありますが、「疲れたら寝る」「不安を感じたら原因を考える」など、他にもさまざまな対処法があります。
ストレスや不安を感じたらどのように対処すればいいのかを頭でしっかり理解できていれば、そういった場面に出くわした時に、少しは冷静に対処できるようになるのではないでしょうか。

まとめ

今回はストレスや不安を取り払う方法として、栄養・回復・運動・たくましさの4つを紹介しました。
ストレスを失くそうと考えるのは非常に難しいです。どうすればストレスと折り合っていけるのかを考えるようにしてみてはいかがでしょうか。
この記事がその参考になってくれていれば嬉しいです。


フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です