2021年3月、クラウドファンディング「数学マップ」、114人の方々から334,500円をご支援頂き、人生マッププロジェクトスタート!

「空想教室」のすすめ_3

今回は、前半では「お願いする」ということの本当の価値を830なりに紹介します。
そして、後半では責任を取りに行くことの大切さについて考えます。
参考になれば幸いです。
それではいきましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

好奇心を?天職?に変える 空想教室 [ 植松 努 ]
価格:1375円(税込、送料無料) (2020/6/21時点)


目次
  • 自分のできることを寄せ集めても事業はうまくいかない
  • 責任の向こうに
  • まとめ

自分のできることを寄せ集めても事業はうまくいかない

ぼくは今いろんな企業と一緒に仕事をしています。その中で気がついたことがあります。それは企業同士が「自分の得意なこと」を持ち寄ったときは、全然うまくいかないということです。
ところが企業が「自分のできないこと」を持ち寄ったら、うまくいくことが多いのです。
だから「人に弱みを見せる」というのは必要なことなのかもしれません。「人を頼る」というのは、もっと必要なことかもしれません。
「自分の足りないところ」が、人間関係を作る上で一番大切なものなのです。

この考え方は非常に興味深かったです。
チームというのは、みんなの強みを合わせ持てるから強くなるわけではありません。
チームというのは、みんなの弱みを補い合えるから強くなるのです。

弱みをさらけ出し合って集まったチームの方が、強みを押し出して集まったチームより強い。
弱みをさらけ出すことで、信頼が生まれる。自分の弱みをさらけ出した上で集まってくれた仲間は、自分の弱みを非難することはないだろう。自分の苦手なところは迷わずお願いしよう。そう思えるのです。
逆に、強みを出し合って集まったチームの中にはプライドが交差します。自分ができないやつだと思われたくないがために、強がっていくしかないのです。
どちらの方が上手くチームが回るでしょうか。
きっと前者です。

自分の弱みをさらけ出すというのは、非常に勇気が要ることです。そして、この世の中の多くのチームはそれができていない。
だからこそ、この課題さえ乗り越えることができれば、あなたのチームは大きく飛躍していくはずです。

苦手なことは誰かにお願いしてみればいい。勇気を出してお願いすれば、きっと「まかせて」と返ってくるでしょう。
思っている以上に「お願いする」というのは簡単なことです。是非やってみてください。
しかし、多くの人は「お願いする」ことが苦手です。考え方を変えてみてください。
お願いする」というのは、誰かに迷惑をかけることではありません。誰かのお願いに答えることで、そして「ありがとう」と感謝されることで、多くの人はやりがいを感じるのです。お願いする」というのは、誰かにやりがいを与えることなのです。
あなたが勇気というコストを払うことで、誰かにやりがいを与えることができる。そして、その対価として、誰かが手間というコストを払って、あなたに助けを与えてくれる。お願いする」というのは、あくまで対等な取引な取引なのです。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です