2021年3月、クラウドファンディング「数学マップ」、114人の方々から334,500円をご支援頂き、人生マッププロジェクトスタート!

「ブランド人になれ!」のすすめ_1

今回からは「ブランド人になれ」という一冊を紹介させて頂きます。
リクルートやライブドア、LINEやZOZOといった有名企業を渡り歩いたサラリーマンである田端信太郎が書かれた一冊です。サラリーマンであろうが、これからの時代はブランド人であることが大切だと考えさせられる一冊でした。
初めに言っておきますが、めちゃくちゃいい本です。Twitterでこのブログを知って頂いた方の中にはフォロワーという無形資産を蓄えようと努力していらっしゃる方もいるかもしれません。本当に力になってくれる本です。是非手に取って糧にしてください。


目次

  • 奴隷の幸福
  • 汗水に価値はない
  • まとめ

奴隷の幸福

多くの人は奴隷のように会社に縛られて1日の大半の時間を使っている。
「奴隷の幸福」という言葉がある。
強制的に、有無を言わさず働かされる奴隷は、不幸なように見えるけれど、自分の頭で何をするべきか考える必要がないので、人はそこに安心を見つけ、幸せを感じる。

「ブランド人になれ!」

奴隷の幸福の考え方は、830が「AIとBIはいかに人間を変えるのか」で述べた、「暇の不幸」と同じだと思います。ベーシックインカムが導入されると、生きるために働く必要がなくなる。自分がしたいことだけをして生きていけばいいが、自分がしたい事を理解してない人多い。初めの数週間は働かずにお金がもらえて幸せかもしれないが、少しすれば暇であることの不幸に気づくだろうと。生きるために働いていた時以上に不幸な時間になるだろうと。

自分が何をしたいのか、自分の頭でしっかり考えないといけない。しかし、現状では、会社に縛られずに自分がやりたいことをしてお金を稼いでいくためには、マネタイズ能力とブランドが必要だ。だからこそ、「ブランド人になれ!」と本書は述べています。

『ブランド人になれ!』が「21世紀の奴隷解放宣言」になれば望外の喜びだ。

汗水に価値はない

仕事のあるべき姿は「お客様に喜びを与えること」「他人の役に立つこと」だ。
(中略)
はっきり言おう。汗水だとか、つらいだとか、苦しいだとかそれ自体には一切価値はない。
(中略)
君の仕事によって君のお客様が喜びに打ち震え、人の心を動かして初めて、君の仕事が世の中に価値を生み出したことになる。

「ブランド人になれ!」

ビジネスの基本はお客様に喜んでもらう事。せどりビジネスをしてこのことに気づかされました。
コロナの流行でマスクを買い占めて、高値で売りつける転売ヤーを見ていると、この人たちはこれでいいのだろうかと思ってしまう。
830のせどりビジネスは、まとめ買いやポイントバックなどを利用して商品を安く仕入れ、フリマサイトに出品します。定価より安い価格でお客様に購入してもらい、安く仕入れた手数料やリスク代金としていくらか利益を頂いています。
その中でできるだけ安くお客様の手元に届けることで、お客様に喜んでもらう。これが八三〇物販の理念です。

少し間違えると高く価格設定をしてしまいたくなります。しかしその度に、「何のためにこれをしているんだろう」と考えさせられます。お金のためにやっているんだったら全然面白くないなと。
起業して、自分で頭を使って考えて仕事をしている人は、必ずここに行きつくんだと思うんです。田端さんの言葉もこのことを言っているんだと思います。

自分の頭を使うことは本当に大切です。それによってたくさんのことを学ぶことができます。是非読者の皆様も、今の仕事、副業、何でもいいので、お客様のために自分たちがやらなければいけないことは何なのか、一度立ち止まって見つめ直してみてください。

まとめ

今回は、「ブランド人になれ!」から、21世紀の奴隷解放宣言お客様ファーストの考え方について記事を書かせて頂きました。参考になっていれば幸いです。

この一冊は本当に参考になる本なので、本当におすすめです。 Twitterでフォロワー集めをされている方にもおすすめの一冊です。 時間があれば手に取って読んでみてください。

あとがき

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。
本記事はあくまで830の主観を織り交ぜた上で、書籍の紹介をさせて頂いております。書籍との食い違いが生じてしまっている場合もございます。ご了承の上、ご理解頂けますと幸いです。
正確な情報については、是非原本をご購入の上、お読み頂けますよう宜しくお願い致します。
今後も宜しくお願い致します。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です