2021年3月、クラウドファンディング「数学マップ」、114人の方々から334,500円をご支援頂き、人生マッププロジェクトスタート!

勉強とは、自分の限界に挑戦するゲーム

本書はホリエモンが普段は語らないような内容が詰まった「ゼロ」という一冊。
ホリエモンの仕事に対する考え方、働く理由。
830も読みながら涙しました。
ぜひ一度手に取ってみてください。
勇気くれる一冊です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく [ 堀江貴文 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/12/7時点)


目次
  • 努力しても成果は得られない
  • まとめ

努力しても成果は得られない

勉強でも仕事でも、あるいはコンピュータのプログラミングでもそうだが、歯を食いしばって努力したところで大した成果は得られない。努力するのではなく、その作業に「ハマる」こと。何もかも忘れるくらいに没頭すること。

この記事を読んでくれている読者の中には毎日を必死に頑張っている人がいるだろう。
迫る初めての大学入試共通テスト、二次試験。
毎日毎日勉強と向き合い続けている人がいるだろう。
本書はそんな人たちにも学びのある言葉を残してくれている。

努力しても大した成果は得られない。努力するのではなく、その作業に「ハマる」こと。

本当に大きな成果を得られるのは、その物事を楽しんでいる時だ。勉強をやらされている人が、勉強を楽しんでいる人を越えられることなんてない。
勉強を楽しんでいれば、眠気と戦うことなんてない。勉強していれば楽しくて目が冴えるものだ。
勉強を楽しんでいれば、次の問題へ次の問題へとペンが進む。次の問題は解けるだろうか、その次の問題はどうだろうかと、楽しみがつきないのが勉強だ。

もし今、「なんで勉強なんてしないといけないんだ」「こんなことして何の意味があるんだ」と思っているなら、努力を続けるよりも、一度落ち着いて勉強について考え方を見直した方がいい。
何のために勉強しているのか、なぜ大学にいくのか、その先にどんな自分を思い描くのか、ぜひ考えてみてもらいたい。
そこに意味を見いだせたなら、きっと勉強が楽しくなるはずだ。そうすればグンと勉強効率が上がることだろう。

一日の大半を勉強に捧げるなんて経験はなかなかできることではない。それを体験していると思うだけでもワクワクしてこないだろうか。そして、楽しみながら、自分はどこまでできるのだろうかと限界に挑戦してみてはどうだろうか。

まとめ

ひとつのことに覚悟を決めて打ち込むという経験は簡単にできるわけではない。
今の時代、良い・悪いは別として、学生時代は勉強に励みやすい環境だ。
一日中学校があって、そこで勉強に全力を注ぐ。

勉強していると不安を感じることもあるだろう。隣の芝が青く見えることもあるだろう。
しかし、ひとつのことに打ち込んで努力しているというだけで、そこにはとても価値がある
不安を感じる余裕がないくらい、勉強に打ち込めばいい。
自分がどこまでできるのかを試してみればいい。
勉強とは、自分の限界に挑戦するゲーム。
とても面白そうではないだろうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく [ 堀江貴文 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/12/7時点)


あとがき

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。
本記事はあくまで830の主観を織り交ぜた上で、書籍の紹介をさせて頂いております。書籍との食い違いが生じてしまっている場合もございます。ご理解頂けますと幸いです。
正確な情報については、是非原本をご購入の上、お読み頂けますよう宜しくお願い致します。
今後も宜しくお願い致します。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です