2021年3月、クラウドファンディング「数学マップ」、114人の方々から334,500円をご支援頂き、人生マッププロジェクトスタート!

勉強するという覚悟

大学受験を目標に勉強を続けているかもしれない。
しかし、どこの大学に行こうか迷っている人もいるだろう。
人生で初めて迎える大きな決断の場だ。
大切なことはただ一つ。
「覚悟」を決めることだ。「覚悟」に従って全力を尽くすことが何よりも大切だ。


目次
  • 「一生やり続ける」という覚悟
  • まとめ

「一生やり続ける」という覚悟

「一生やり続ける」
すごくシンプルですが、
これほど多くを語る言葉もありません。

みだらな誘惑、未知の物事に対する恐怖、
手軽な安心感、どれも乗り越えることが出来るのは、
「一生やり続ける」この言葉が
背骨に叩き込まれている人だけです。

何事においても一番力になってくれるものは「覚悟」だ。「人生を通してこんなことをやり遂げるんだ」「俺の人生はこれのためにある」という「覚悟」が決まれば、どんなことだってできる。「覚悟」は全ての努力の原動力になる。苦しい時、辛い時、心の支えになってくれるもの、それが「覚悟」だ。

「覚悟」を決めるのは容易なことではない。それが出来ただけで、とんでもない才能だ。
小さな覚悟でいいから、自分との約束事を作っていこう。それを守り抜けた時、きっと覚悟の強靭な力を知ることが出来るはずだから。

漠然とした不安に駆られることが少なからずあるだろう。
楽な道に逃げたくなることがあるだろう。
そんな時、あなたを奮い立たせてくれるものは「覚悟」だけだ。

勉強するという「覚悟」を決めろ。
目指す大学があるのなら、勇気を出して声にしろ。
それがどれだけ無謀だったとしても、「覚悟」の力には及ばない。
「覚悟」に従って、ありったけの時間を勉強に捧げ。
その経験は欠けがえのないものとなり、一生あなたを支えてくれることになる。

まとめ

情報に溢れる現代において、ひとつのことに全力を注ぐというのは本当に難しくなった
携帯を開けば、ゲームやSNSといった誘惑がある。テレビは四六時中バラエティがやっていて、いつでもYouTubeを見られる時代になった。
そんな時代に一つのことに専念できる人材がどれだけ貴重なことか。
オールマイティな人材よりも尖った人材の価値が高まっている。
全力で勉強に励め。それはきっとあなたの価値を高めてくれる。


あとがき

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。
本記事はあくまで830の主観を織り交ぜた上で、書籍の紹介をさせて頂いております。書籍との食い違いが生じてしまっている場合もございます。ご理解頂けますと幸いです。
正確な情報については、是非原本をご購入の上、お読み頂けますよう宜しくお願い致します。
今後も宜しくお願い致します。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です