2021年3月、クラウドファンディング「数学マップ」、114人の方々から334,500円をご支援頂き、人生マッププロジェクトスタート!

不合格よりも怖いもの

多くの受験生は、不合格が最悪の結果だと考えている。
しかし、受験には不合格以上に最悪の結果がある。
そして、驚くべきことに、その最悪の結果に陥ってしまう受験生の方が、不合格になってしまう受験生よりもずっと多いというのも事実である。


目次
  • 絶対に償えないもの
  • まとめ

絶対に償えないもの

自分にしか守れないもの

法を破ったら、罪をつぐなえますが、
自分の美学を破ってしまったら
一体に誰に向かってつぐなえますか

絶対に守らないといけないものがある。それは自分の信念だ。
自分の信念を破ったが最後、自分の人生は生きられない。

大学受験の中で、多くの人の人生の終わりを目にしてきた。
最後の最後で目標を下げて、手の届く大学でアンパイをはる人がどれだけ多いことか。目標を諦めるということは、それまでの努力を全て否定するということだ。それまでの自分の人生を全て否定するということだ。

不合格になることがそんなにダメなことだろうか。830はそうは思わない。
そんなことよりも、目標を諦めてしまうことの方が、ずっとずっとダメなことではないだろうか。
自分に限界を決め、目標を諦めるという経験をすれば、もはやその人が目標を達成することは二度とない。中途半端な努力しか出来ず、〆切が近づけば目標設定が間違っていたんだと文句をつけて諦める。
そんな人間がどれだけ多いことか。そういう人間は目標を達成できなかったとしても、振り返ることもなければ、反省することもない。そんな人材、社会は求めていない。

受験は決してそんな経験をするためにあるものではない。明確な目標を立て、その目標に向かって正しく努力すれば報われるという経験をするためにあるのが受験だ。決して第一志望を諦めてはいけない。諦めたが最後、あなたの人生は平々凡々なものに決まってしまう。
誰になんと言われようと諦めることだけはしてはいけない。悲しい事実だが、あなたに優しくアドバイスしてくれる人間のほとんどは、諦めることが当たり前になってしまった人たちばかりだから。

まとめ

受験を通してかけがえのない経験をしてほしい。
最後の最後まで目標に向かって突き進んでほしい。
誰に何と言われようが、あなたが信じた道をすすみ、あなたの美学と信念を貫いてほしい。
あなたの人生は他でもないあなた自身が選び取っていくものなのだから。


あとがき

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。
本記事はあくまで830の主観を織り交ぜた上で、書籍の紹介をさせて頂いております。書籍との食い違いが生じてしまっている場合もございます。ご理解頂けますと幸いです。
正確な情報については、是非原本をご購入の上、お読み頂けますよう宜しくお願い致します。
今後も宜しくお願い致します。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です